<プラチナ>

・最も希少価値が高く、最も高価な貴金属です。

・どんな物質によっても腐食されないという化学物質・物理的性質がそのままプラチナの特性になっている為、トラブルを気にせず身に付けることができ、長い年月を経ても変色することがなく、耐久性に富んでいます。

・比重が高く、ゴールドやシルバーに比べるとかなり重いです。
 
・Pt900とは純度が90%という意味で、Pt850とは純度が85%という意味です。プラチナの純度が高いほどプラチナの特性が明確に現れます。日本では、1000・950・900・850の4つの品位があります。

・「永遠の愛」を象徴するといわれています。


<ゴールド>

・他の混合物が無い純粋な金を24金(K24)純金として表し、18(K18)の純度は75%、14金(K14)の純度は58.5%となります。純度が高いほど柔らかい為、傷つきやすく、変形しやすくなります。

・純金は非常に柔らかい為、耐久性・加工性をもたせる為に銀・銅等を混ぜ、金合金にしています。

  イエローゴールド(YG)
   ・金75%・銀12.5%・銅12.5%(18Kの一般的な割合)   
   ・最も一般的な色のゴールドです。
   ・「富」を象徴するといわれています。

  ホワイトゴールド(WG)
   ・金75%・パラジウム25%(18Kの一般的な割合)
   ・プラチナやシルバーのような色合いです。
   ・「平和」を象徴するといわれています。

  ピンクゴールド(PG)
   ・金75%・銀5%・銅20%(18Kの一般的な割合)
   ・発色が良く、やさしい色合いで、日本人の肌に良く合う色です。
   ・硬い性質の為、割れやすく、リング等のサイズ直しが必要なものにはあまり向かないといわれています。
   ・「愛」を象徴すると言われています。


<シルバー>

・磨くことによって、プラチナよりも強い輝きを出すことができます。

・シルバーはとても不安定な金属の為、放っておくと黒ずんだり、黄ばんだりと、変色してしまいますので、こまめに磨く必要があります。

・シルバーには、純度を表した1000・950・925・900・800等があります。

・アクセサリーに一番多く使用されている「シルバー925」は、銀92.5%に銅等の他の金属を5%混ぜたもので、「スターリングシルバー」とも呼ばれています。耐久性もあり、純度も高く、アクセサリーに適したシルバーです。

・「純粋」「無垢」を象徴するといわれています。      inserted by FC2 system